yamasakuの骨コツブログ

田舎の病院に勤務しているyamasakuです。主に業務で得た知識の備忘録について書いていきます。理学療法士と骨粗鬆症マネージャーの資格を持っています。

慢性副鼻腔炎の闘病記①

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

本日は慢性副鼻腔炎(蓄膿症)についてです。

 

突然ですが、本日耳鼻科受診して手術することに決まりました( ;∀;)

 

もともと鼻が利かず、中学生くらいから嗅覚障害になっていました。

 

今回のコロナ渦の影響もあり、

嫁「鼻づまりかコロナかわかんないから治療しな!」とのお言葉で

長年放置していた、鼻の治療を開始することに..。

 

昨年10月ごろから治療を継続し、

12/29のレントゲンで

先生「全然治ってないですね...」

の一言で、本日CT検査をする事になりました。

 

結果...

 

先生「鼻の中にカビのようなものがありますね」

私 「・・・?」

 

調べてみると、

かび(真菌)により、アレルギー症状を起こして慢性的に症状が改善しない、

厄介な状態だそうです。

 

治療は主に、手術療法(内視鏡)で

1週間程度の入院だそうです。

 

手術よりなにより、鼻のなかにカビが生えてることの方が驚きでしたね笑

(ネット見ると意外と多いみたいです)

 

副鼻腔炎はもともと治りにくい病態であると理解はしていますし、

別に放置でいいかな~と思っていただので、

手術と聞かされてちょっと動揺しています。

 

今時期ですので、手術はちょっと嫌ですね~

 

もし皆さんで

こんな手術だったよ~

こんな友達いたよ~

ここのツボ押すと~

などなんでもいいので良い方法あったら教えて下さい!

 

またなにかありましたらご報告いたします。

今回も最後までお読みいただいてありがとうございます。